SPICA's Blog

好きな音楽などをミーハーに書き連ねるブログ

2017-01-06-Fri-00:03

COLDPLAY◆【ぴあ独占】クリスのインタビュー

このクリスのインタビューを読んでいると、涙が出そうになります。特に、「自分たちがどんなに恵まれているか」ということ、そして「ファンの誠実さや情熱に本当に感動するし、圧倒されて、改めてありがたい気持ちになる。生きているんだなっていう気持ちになるんだ」て言葉。ツイッターにも書きましたが、この言葉をそっくりそのまま、クリスに向けて、Coldplayに向けて言いたいよ。
来日の際は、ぜひ日本を満喫してほしいです♪ ウィルがラジオのインタビューで、家族も一緒に日本へ連れて行きたいて言ってくれたみたいだしね。

以下、貼り付け。

【ぴあ独占】COLDPLAYインタヴュー

【ぴあ独占】久々の来日に向けて、バンドのフロントマン、クリス・マーティンへのインタヴューが実現!

――前回は小さな会場でのプレミアム公演、その前はFUJI ROCKへ出演と、日本ではしばらくツアーでの単独公演がありませんでしたが、やっと来てくれるんですね。
「前回は確か、2014年だったよね。僕らは幸運なことに、本当にいろんな場所に行かせてもらっているわけだけど、同時に、いつどこへ行っても変わらずワクワクしていられるように心がけてもいるんだ。そのために、少しだけペースを落としているというのはある。最近は特に、ショウの規模が大きくなっていることもあって、同じ場所にまた戻るまで、前よりちょっと時間がかかるようになってしまった。でもその分、きっといいこともあるよ。今度、東京に到着するころには僕ら、ワクワク感でいっぱいで、準備万端の状態で乗り込むことになるわけだから」

――今回の会場の東京ドームは、最近ではポール・マッカートニーやローリング・ストーンズも公演を行った、日本最大級のスタジアムです。
「そうだったのか。正直よく知らないんだけど、とにかく日本にまた行けることに興奮しているし、楽しみにしているよ。日本で演奏するのは本当に楽しいからね」

――ショウの規模が大きくなっているとのことですが、ご自身としても今は大きな会場のほうが楽しいのですか?
「そうだね、心から楽しんでやっている。何千何万というオーディエンスが一緒に歌ってくれる感覚というのは、何ものにも代えがたいよ。その空気感を最大限に演出できるようなセットや照明を用意しているし、そうした効果が十二分に発揮されるのは、やっぱり大きな会場だと思う。でも、アルバムの内容次第でもあるんだよね。つまり、作品ごとに自分たちがどんな心境にあるかで、ショウの展開も変わってくるんだと思う。現在の僕らは、たくさんの人とともにありたい、みんな同じ人間なんだと感じることで、生きている実感を得たいという心境にあると言える。だから、こういう大がかりなショウをやっていて、すごく楽しいんだ」

――来日を待っているファンに、何か伝えておきたいことはありますか?
「とにかく、心からの感謝の気持ちを伝えたいよ。自分たちがどんなに恵まれているか、僕らはよくわかっているつもりだから。世界中にファンがいてくれて、しかも日本のように僕らとは話す言葉も違って、頻繁に行くこともできない場所でも待っていてくれるファンがいてくれるっていうね。そういうところへ行くと、ファンの誠実さや情熱に本当に感動するし、圧倒されて、改めてありがたい気持ちになる。生きているんだなっていう気持ちになるんだ」

――久しぶりの日本で、ライヴ以外に何か楽しみにしていることはありますか?
「とにかく、人と触れ合いたいね。こうして世界中を旅して回って、どこへ行っても共通する人間性を理解し合えるというのは、ものすごく恵まれたことだと思う。日本なんて、子供時代にはまさか行けるなんて思ってもいなかった場所なわけで、そこへ実際に行って、現地の人と会って話をして、同じ人間なんだなと実感できることが何よりも嬉しいんだ。もちろん、東京の街をブラブラするのも楽しみだし、お寺を訪ねてみたり、日本食を食べたりというのも楽しみだよ。でもやっぱり一番は、日本の人たちがどんな気持ちでいるのかを実際に感じること。『イングランドじゃ今、こんな感じだけど、日本はどうだい?』みたいなね(笑)」

取材・文/鈴木宏和

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME