SPICA's Blog

好きな音楽などをミーハーに書き連ねるブログ

2015-11-21-Sat-01:30

COLDPLAY◆13日the Belasco Theaterでのライブを延期

11月13日ロサンゼルスで予定していたライブ&ストリーミングですが、パリの事件を受けて延期となりました。すでに会場に到着していたり、向かっていたファンのために、下記の曲をアコースティックバージョンで演奏してくれました。ちなみに、振替日は11月21日とのことです。
【セットリスト】
1.Imagine
2.Sparks
3.Yellow
4.Til Kingdom Come
5.Us Against the World
6.Fix You
7.O
Imagine, Sparks, and Yellow-Coldplay acoustic show 11/13/15
Coldplay - Till Kingdome Come, November 13,2015
Coldplay - Us Against the World, November 13, 2015
Coldplay - Fix You, November 13, 2015
Coldplay - Fly On, November 13, 2015
Sparksをライブで演奏するの、いつぶりなんだろ?と思っていたら、Sangoさんがブログに書いてくれてて(ありがとう♪)、2007年以来だそうです。しかし、こういう形で聴けるとは・・・複雑な気分です。

コールドプレイ、LAでのライヴを延期に。黙祷、そして“イマジン”~“O”を捧げる
コールドプレイが、13日、LAのthe Belasco Theaterでのライヴを、パリのテロ事件を受けて延期した。
ニュー・アルバムを控えた貴重なタイミングだけに、現地ライターの鈴木美穂さんにライヴ観に行ってもらっていたところ、以下のメールが届いたので、抜粋します。

**************

ステージセットは設置され(スピーカーやピアノの上、ステージ脇の柱にポピーのようなカラフルな造化が飾り付けてあり、新作のジャケのような雰囲気)、
メンバーも夜8:50くらいにステージに登場しましたが、
同日に起こったパリでのテロ事件のことを考えて、
コンサートと、Tidal.comで予定されていたストリーミング放映を来週土曜日に延期にすることを告げました。

クリスは「それでもいいかな? 土曜日大丈夫?」と尋ね、
「でもその代わり、今日演奏するのに相応しい曲をプレイするよ」と、
ドラムなしで静かな曲を7曲披露。
午後5時にニュースを聞いて決断して、セットリストを考えたそうです。

最初にメンバー全員とオーディエンスで黙祷をしてから、
ドラマーがピアノを演奏する形で“イマジン”で始まり、“O”で締めくくられました。
( RO69より)

コールドプレイ、パリ同時多発テロを受けて延期となったライヴの新たな日程を発表
コールドプレイが、先週末に起きたパリ同時多発テロを受けて延期となっていたライヴの新たな日程を発表している。

コールドプレイは11月13日の夜にロサンゼルスのベラスコ・シアターでライヴを行う予定となっていた。このライヴは、タイダルを通じて全世界にストリーミングされる予定ともなっていたが、同じ晩にパリで同時多発テロが発生したため、バンドは延期を決め、後日新たに日程を発表すると約束していた。

この時発表された声明で、コールドプレイはこう述べている。「タイダルとKROQのための今夜のライヴストリーミングはパリの惨劇に哀悼の意を表し、延期することにしました」

「今日のライヴのチケットは、すべて振替公演に有効です。詳細は近くお伝えします。すでに会場に来られた方や、こちらへ向かっている途中の方が無駄足にならないように、僕たちは昔の曲を少し演奏します。僕たちはパリの市民に僕たちの愛と祈りを捧げます」

そして、本日、このライヴが同会場で11月21日に行われることが決定している。

コールドプレイはテロ当日、ライヴ会場に足を運んだファンのため、ジョン・レノンの“Imagine”のカヴァーなど、数曲を披露し、テロの犠牲者に捧げている。
(NME Japanより)

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME