SPICA's Blog

好きな音楽などをミーハーに書き連ねるブログ

2014-11-13-Thu-01:53

SPITZ★THE GREAT JAMBOREE 2014 FESTIVARENA 7月22日(火)

20140722福岡 1

3ヶ月以上も前の話。セットリスト等メモのためにも、書き残しておきます。(そして無駄に長いよ・・・)
毎度のことながら、ミーハー苦手な方はスルーでお願いします。ではでは☆


さて、このフェスティバリーナ。オフィシャルから事前に「選曲も、限りなく自由に各年代からセレクトして」とあり、かなりセットリストに期待してました。ライブ参戦前に、あれやこれや聴きたい曲を考えてみたり。
 ・夜を駆ける
 ・フェイクファー
 ・scat
 ・漣
 ・黒い翼
 ・プール
 ・オパビニア    etc.
でも楽しみは取っておこう♪と、ライブにはセットリストを知らずに挑むつもりでした。
んが!んが!!
MCが気になって気になって・・・ついmixiのネタバレを見ちゃったんですよね。(ばか) セットリストは見ないようにして、MCだけ読もうとして・・・て、そんなの無理じゃーーーん(苦笑)。
初っ端から、すごい曲名が目に飛び込んできて、PC前でワナワナ震えてしまう事態になってしまいました。上に書いた曲のうち、「夜を駆ける」「フェイクファー」が初日(7月2日、日本ガイシホール)のセトリに含まれていることを知り、もうそれだけで興奮と、そして知ってしまった後悔とが入り混じって、ひとり発狂しかけてました。よって、これ以上ネタバレは見ないことに。

でも知ったことによって、フェスティバリーナが本当に待ちきれなくて楽しみで仕方ない気持ちも湧いてきて。
実は6月に、もう1つ私の愛してやまないColdplayの来日公演があって、もう脳内Coldplayでいっぱいいっぱいだったので、このセットリストショックは、荒療治(?)になって良かった・・・のかな?(笑)


20140722福岡 2
そんな中、
出発前に作ったお手製 やまスバッジを携えていざ博多へ。



20140722福岡 3
高速バスにて博多に到着後、ランチを済ませてさっそく会場へ。グッズ販売開始15:00の10分前くらいに到着。念願だったガチャに挑戦できたものの、「これ、要らないわー」と思っていたもの2つをゲットしてしまって、笑いがこみあげてくるw
でも大丈夫!ほしかった『マッチ箱入り付箋』は、海蛍さんから頂いてたので余裕~。フフ~ン♪

20140722福岡 4
早速、フラッシュピンズ&やまスバッジ装着~!ピカピカ可愛い♡


今回の遠征ライブ。人見知りな私にしては珍しく、頑張ってみました。
まずはツイッターでお世話になっている、そのらさんにお会いできることになりまして、初対面。娘さんもご一緒で、やまスバッジを見てもらったり、F1の話もちらっとしたり、緊張しましたがお会いできて良かった!(今更ながら、もっと手作りのこととかお話ししたかった。) ライブ前の貴重な時間をありがとうございましたー♪

そのらさんとお別れした後、Coldplayのライブで数回お会いしている、りぐさんの席へ。6月のColdplayライブ後、りぐさんもまさかのSPITZ好きで驚いたのですが、お互い福岡へ行くと分かって、これまたビックリΣ(゚Д゚)!! (実は本当にColdplay&SPITZ好きな人って多いんじゃないか?と本気で思い始めてる今日この頃。)
Coldplayのライブ前にお会いした時、Sangoさんが付けてくれてたMagicブローチをいたく気に入ってくださったので、この機会に!とお渡ししました。前日の公演にも参戦していたりぐさんから、今回のライブ、期待大だと聞いてワクワク♪
それにしてもSPITZのライブなのに、りぐさんの装いがフジロックだったのが可笑しかった(笑)。

そういえば、ステージの花火?を模した照明。私、最初見たとき、ColdplayのMXツアーの照明みたい!なんて、りぐさん相手に言っちゃってた気がする(笑)。


20140722福岡 7
開演時間が迫ってきたので、自分の席へ。フラッシュピンズのスイッチを入れて、祭りの開演を待つ♪
アリーナツアーで今回初めて、スタンド席ではなくアリーナ席でした。しかも12列目の左端。(田村さん側♪) 席が近そうだし、見えやすいかな、と期待してました。
うん、自分の背が低いこと忘れてたよね。結構見えなかったw なので頭上のスクリーンを見ることが多く、首が痛かったけど、やっぱりスクリーン映像があって助かりました。

さて、そのスクリーン。ライブ開演の19:00少し過ぎ、スクリーン映像に連動して、リコシェゴー・宇宙虫・suctを織り交ぜた曲が場内に流れて、
最後画面に「Welcome to FESTIVARENA Fukuoka Kokusaicenter」がどーん!!
こんなオープニング、今までのSPITZのライブで初めて!暗転した会場にフラッシュピンズがピカピカ光っていて綺麗で、SPITZのライブでは初めてのこと尽くし!(そして早速、scat聴けた~!笑)

からの、驚異のセットリスト。
【THE GREAT JAMBOREE 2014 FESTIVARENA 7月22日(火) 福岡国際センター】
01.夜を駆ける
02.海とピンク
03.けもの道
04.僕の天使マリ
05.ラズベリー
06.恋する凡人
07.空も飛べるはず
08.プール
09.フェイクファー
10.夏の魔物
11.涙がキラリ☆
12.エスカルゴ
13.ヒバリのこころ
14.スワン
15.楓
16.愛のことば
17.正夢
18.ハニーハニー
19.エンドロールには早すぎる
20.8823
21.野生のポルカ
22.トンガリ’95
23.俺のすべて

EN1.渚
EN2.猫になりたい

01.夜を駆ける
1曲目からこの曲・・・!!ネタバレで分かっていたこととはいえ、恐ろしや・・・あな恐ろしや。たぶん私、胸の前で手を組んで、乙女モード入っちゃってたのではないかと(////)。
久々にこの曲に圧倒されたくて、本当に聴きたくてたまらなかった曲です。SPITZの好きな曲を挙げてと言われたら、この曲は必ず入る。ぴんと張りつめた音から始まって、最後マサムネさんの「遠くの灯りの方へ 駆けていく」から、もう1段ぐっと上げてくるところがたまらない。崎ちゃんのドラムに圧倒されるんだけど切なくて、田村さんのベースも胸に響く。もうすべての音が好きすぎる、そんな曲。
これ、もしセットリスト知らずに聴いてたら・・・私どうなってたんだろ?と思うと怖いです(笑)

08.プール ~ 09.フェイクファー ~ 10.夏の魔物
これまた聴きたかった曲が続けてきたー!!(嬉泣)
特にフェイクファー!!!!
会場によっては2012年ゴースカで、演奏されていたみたいなんですが、私が行った日はやってくれなかった・・・。アルバム『フェイクファー』の中でも特に好きな曲です。(fake furツアー以外で、ライブでやったことあるのかな?)
20140722福岡 5
「なに?この薄汚いモフモフ」と思われるだろうけど、未だに部屋に飾ってあるfake furツアーのグッズと、1998年10月27日のセットリスト。私が初めて生のSPITZに会えた記念のライブです。だからSPITZのアルバムの中でも、『フェイクファー』は特別で、その中でも特に好きな曲だから、ゴースカで聴けなかったことを根に持ってました(笑)。
なので、この日聴けて、本当に本当に嬉しかった。
はずなんだけど・・・あんまり記憶がない。(え?w
脳内で「あーあーあーあーーーー」と言ってる間に、曲終わってた(涙)。とっても短く感じました・・・もっと堪能したかったよー・・・。
“夜を駆ける”と同じく、セットリストに入ってる覚悟は出来てたはずなのに、なにこのザマは(涙)。なので来年のゴースカで、もう一度聴かせてください!!お願い!ホント・・・。

そして“フェイクファー”からの“夏の魔物” これでもかってくらい、すごい流れ。。。


12.エスカルゴ
この曲だったかな?三角フラッグが上がる+金テープが舞ったのは。まさかSPITZのライブで金テープが見れるとは思ってなかったから、驚きでした。綺麗だったー。でもね、私の所までテープが届かないのですよ。アリーナ12列目なのに(笑)。もっとバーン!とかっ飛ばしちゃってもいいのに!でも、そこにSPITZらしさを感じてしまう私なのでした(笑)。

14.スワン ~ 15.楓 ~ 16.愛のことば
この流れもズルいよ。マサムネさんが「一番新しいアルバムから~」て紹介があって始まったのですが、“スワン”はやっぱり人気があるんですね。歓声が起こってました。
“楓”は、スポットライトを浴びて歌うマサムネさんが印象的でした。

18.ハニーハニー
崎ちゃんのかっこいいドラムソロで始まって、「なんの曲?なんの曲?」とワクワクからのハニーハニーに、ひとり吹き出しそうになる私(コラ)。ここ最近、ハニーの部分をジョニー(Coldplayのギタリスト)に変えて歌うのが、自分の中でマイブームだったもんでして・・・ゴニョゴニョ・・・ごめんなさーーーーい(笑)。

19.エンドロールには早すぎる
ミラーボール キラッキラ☆
私の席近くの方数名が、自分たちで決めてたのかな?振り付けで踊ってて、とっても楽しそうでした。参加したかった(笑)。


20.8823 ~ 23.俺のすべて
エンドロールからこの流れ、死ぬかと思った。4曲続けて、消費カロリー高い曲が続くんだもん。
特に、“トンガリ’95”→“俺のすべて”では、「え?ちょっ、待ってw まだ続くの?w」と思うくらい。もう笑いがこみ上げてきて(笑)。ここ最近のライブで、4曲も立て続けだったことあったっけ?それとも、私の体力低下の問題ですか?(苦笑)
“野生のポルカ”は、小さな生き物ホールツアーで、少し物足りなさを感じていたのですが、この日はほんっっと!!お客さんの盛り上がりも最高で、大満足。
マサムネさん「筑紫野の空を」と歌詞替え。叫んでたのは、テツヤさん?

はしゃぎすぎてヘロヘロになってるところへ、スクリーンに映し出された・・・

崎ちゃんのカメラ目線ど笑顔。 どーん!

さらにスイッチ入っちゃって、ギャー!!!!
(あまりの混乱にどの曲か覚えてないw)
田村さんのピースサインもありで、本編の最後を“俺のすべて”で終了。
わ、私も全て出し切ったよ・・・ぜぇぜぇ ハァハァ。
アンコールの拍手をする元気もないくらい、私座り込んでしまいまして(苦笑)。


アンコールでメンバー再登場。
田村さん・崎ちゃん・テツヤさんは、フェスティバリーナTシャツ着用。テツヤさんの胸元には、フラッシュピンズが光ってる~!
マサムネさんは、ホークスのユニフォームで登場。(りぐさん、おソロ♪)
アンコールは、“渚”と“猫になりたい”。渚の崎ちゃんのドラム、かっこよかったー。
沁みました。疲れきった私の体に沁みましたw(そこ?)



●どの場面だったか覚えてないこと●
ステージ左側で、はしゃぐ田村さん。コーラスパートに気づいて、超急いでマイクスタンド前に戻ってくるw

今回メンバー紹介は、アンコール時ではなく本編にて。
「トイレ行ってもいいよ」と、田村さん(笑)。
その田村さん。自分のMCが終わると、ステージ左端へ行き、用意してあった座椅子に着席。スタッフさんに、うちわであおいでもらうという(笑)。いつぞやのように、おにぎり食べてたりして?

マサムネさんのトートバックから消えた、パンの行方・・・。
崎ちゃんの、ドラムで「どどんっ!」ツッコミ。
マサムネさん、「40過ぎて、福岡うどんの良さに気づいた」そうです。

クージー「4人がきゅっとなってる」
  いつもよりステージが広いのに、
  メンバーの距離はいつもより近くて、4人がきゅっとなってる
  みたいな内容のことを言ってくれてた気がする。
  クージー、嬉しいこと言ってくれるなぁ。

そういえばマサムネさん。年々MCの時間が長くなってる、て言ってました(笑)。




20140722福岡 8
ライブ終了後、博多駅行きのバスの列に並ぶも、ヘトヘトでしゃがみこんでしまった私。あまりのセットリストに、燃え尽きた・・・と言うよりも、力尽きてしまいました。(゚Д゚)ムハー
メンバーの体力にも脱帽。この方たち、45歳超えてるんですけどねー。感じさせないなぁ。聴いてるこっちがもたないよ(笑)。

フェスティバリーナと銘打つだけあって、ホントにお祭り。
花火型の照明、綺麗だったな。そしてファンの人たちも、グッズの手ぬぐいをヘアバンド代わりに頭に巻いてたり(可愛かった!)、フラッシュピンズを帽子に付けたり、思い思いに楽しんでて。
そのフラッシュピンズしかり、金テープしかり。SPITZにとっては、めずらしい試み。でもやっぱりそこはSPITZで、どこか奥ゆかしさというか、SPITZらしさを感じるのでした。

そして何よりも、素晴らしい曲の数々で私たちを満たしてくれて、本当に大大大満足のお祭りでした。
ありがとー!!
大好きよー。


20140722福岡 6
翌日は、スピベルのトートバック+フラッシュピンズで、お出かけ~♪

筋肉痛だったのは言うまでもなく。帰りは高速バスではなく、新幹線にして正解でした。快適~!疲れた体に優しかった・・・(笑)。

COMMENT

2014-12-07-Sun-18:02

いちいち頷きながら読みました。オープニングや金のテープといった演出が今までのスピッツにない感じで「お!?」と思いましたよね。何よりもうあのセットリストは私達を殺す気かとwもちろん私も燃え尽きましたとも。早く早くDVD!!
2014-12-14-Sun-02:46

海蛍さん♪

頷き、ありがとうございまーす( ´ ▽ ` )ノ
演出が新鮮でしたね~。
でもやっぱりSPITZでしたね~。
フラッシュピンズも、この曲で一斉に!とかはなく自由で、ユルい感じがSPITZらしいなぁーなんて思いました。

あのセットリスト。
SPITZさん、私たちを殺す気だったんですよ。
うん、そうに違いない。
私たち、よく耐え抜いたと思いますw

>早く早くDVD!!
うんうん!!
(ふと思ったことが。SPITZて活動歴の割に、ライブ音源&映像作品が少ない気が・・・)

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME