FC2ブログ

SPICA's Blog

好きな音楽などをミーハーに書き連ねるブログ

--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-28-Wed-03:17

SPITZ★スペシャル・アルバム『おるたな』

2011.12.20
『花鳥風月』『色色衣』に続く、スペシャル・アルバム第3弾リリース決定!
『花鳥風月』(1999年リリース)『色色衣』(2004年リリース)に続く、スペシャル・アルバム第3弾のリリースが決定しました!

2002年以降、各種トリビュート盤に収録されたカヴァー曲、2004年以降のシングル・カップリング曲等、スピッツとしてのアルバム初収録曲のみで構成された10年間のレア・トラック&カヴァー曲集。
フジテレビ系ドラマ「僕とスターの99日」主題歌としてオンエアされている「タイム・トラベル」を含む、3曲の新録カヴァー曲を収録した全14曲! 


2012年2月1日 IN STORES
Special Album
『おるたな』

UPCH-1863 / ¥3,059 (税込)
■初回プレス限定仕様
3面デジパック&収録楽曲エピソードが語られた『おるたな』制作ノート封入!

【収録曲】
1. リコリス
2. さすらい 【奥田民生】
3. ラクガキ王国
4. 14番目の月(おるたな Mix)【荒井由実】☆
5. 三日月ロック その3
6. タイム・トラベル 【原田真二】★
7. 夕焼け
8. まもるさん
9. 初恋に捧ぐ 【初恋の嵐】★
10. テクテク
11. シャララ
12. 12月の雨の日 【はっぴいえんど】
13. さよなら大好きな人 【花*花】★
14. オケラ
【 】内はオリジナル・アーティスト
★はニュー・レコーディング ☆はニュー・ミックス
『花鳥風月』『色色衣』と違って『おるたな』はカバー曲収録とのこと。前者2つとは違った雰囲気になりそうかな。聴いたことのない曲もちらほらあるので、楽しみです♪
スポンサーサイト
2011-12-28-Wed-03:05

COLDPLAY◆洋楽主義 #4

2011.11.28in Amsterdam 1

相変わらずマイペースすぎる更新ですみません。(もう1ヶ月前の話・・・)
11月28日アムステルダムでのクリスを見て、ワタクシは確信いたしました。前髪は盛るな!と。それにしてもスーツ姿のクリス、かっこよすぎる・・・いくら血があっても足りやしないって(鼻血)。洒落たネクタイしてますなー。

さて、先月WOWOWでOAされました『洋楽主義』。これまたありがたい事にダビングをしてもらいまして、見ることが出来ました♪ 60分番組だったのかな?まさかあんなにガッツリColdplayに時間を割いてもらえるとは思ってなかったので驚きました。内容はPVを中心に今までを振り返りつつ、ロッキング・オン&EMIミュージック・ジャパンの方々のColdplayエピソード、そして来日時のインタビューをほんの少しOAなど。インタビュー内容は、今までのと同じだったかな。
それと、リクエストランキング(PVのってことですよね?)なるものもありました。結果は以下のとおり。
1位 Yellow
2位 Viva La Vida
3位 Fix You
4位 Shiver
5位 Speed Of Sound

Speed Of Soundがランクインしてるのは、ちょっと意外だったかも。私はこのビデオ大好きなんですが(Coldplayを知るきっかけになったPVの一つ)、周りで好きだという声を聞いたことがなかったもので。あと、改めてShiverのビデオを見ていたら、シンプルでいいな、と。それと4人が向き合って演奏している姿が、4人がギュッてしてて好き。(お前の判断基準はそこかw)
そうそう、アンケートに答えた方のコメントで、六本木の撮影に遭遇して握手してもらったって方がいましたね。あのタクシーギュウギュウのことよね、きっと。うらやましい~!
2011-12-15-Thu-02:45

COLDPLAY◆スタジオライブのOAが決定!

NHKスタジオ・ライブが12/27放送決定!
今年開催されたフジロック・フェスティバル2011出演のため来日したコールドプレイ。その来日時にNHK101スタジオで収録されたスタジオ・ライブの模様がNHK総合、NHK BSプレミアムで放送されることが決定しました!

本サイトでも急遽観覧募集させていただいた、このスタジオ・ライブ。
約600名の当選者の皆様の前でニューアルバム『マイロ・ザイロト』の中からの大ヒットシングル「ウォーターフォール~一粒の涙は滝のごとく」や世界的なアンセム・ソングとなった「VIVA LA VIDA(美しき生命)」など全9曲がパフォーマンスされました。世界的にみてもスタジオ・ライブでこれだけの楽曲数を収録したのは稀なケースで、もちろん日本では初となる貴重な映像となりました。
フジロック・フェスティバル2011で貫録のパフォーマンスを見せたコールドプレイの日本初スタジオ・ライブを、是非チェックしてください。

■番組名『コールドプレイ・LIVE at NHK』
NHK総合 2011年12月27日(火)24:45~25:28OA予定
NHK BSプレミアム 2011年12月30日(金) 24:00~24:43 OA予定


<放送予定曲目>
♪ウォーター・フォール~一粒の涙は滝のごとく 
♪チャーリー・ブラウン 
♪VIVA LA VIDA(美しき生命)
♪クロックス
他全9曲放送予定
うぎゃーーー!!!!やっと!やっとこの時がやってきましたよ!!(嬉泣) Sangoさんからメールで教えてもらった時の興奮ったらもうっ!ハァハァ。どれほどこの時を待ったことか。あまりにもアナウンスがないので、そっとお蔵入りするんじゃないかと心配しておりました。
これで12月27日までの生きる糧が出来たー。全曲OAしてもらえるんですね。ウヒッ♪ そして結局特番だったんですねー。(番組名も謎だった) あの収録スタジオ、101スタジオって言うんだ、へぇ~。約600名の当選者の皆様って・・・あれ?最初200組(400名)て言ってなかったっけ??(勘違い?会場でSangoさんと「絶対200組より多いよねー」と言ってたんですよね。)
しかし、なぜ当初のOA日(秋頃)から、こんなにずれ込んだんだろ?大人の事情?
それにしても、今からウキウキわくわくしっぱなしです。心臓がもちそうにない(笑)。
2011-12-13-Tue-03:18

SPITZ★LIVE DVD 『とげまる20102011』 詳細発表

以下、ライブDVD『とげまる20102011』の詳細を貼り付け。
2011-12-07-Wed-05:00

COLDPLAY◆Saturday Night Live

2011.11.13Saturday Night Live

ツイッターでこの写真を見たときは、目が点でしたよ・・・どこのどなたですか、いったい(笑)。こちらで動画を見れますが、何なのこれw クリスが髪を耳にかける仕草とか新鮮ですわ。まあクリスさん楽しそうだし、いいのかな。これを見てると、日本のメディアがお願いしてきたいろんなポーズは大したことじゃない気がしてきます。(え?そうでもない?笑) そして結局、こんなクリスをキモ可愛いと思ってしまう自分に敗北感。
2011-12-02-Fri-03:39

COLDPLAY◆Paradise マット・ホワイトクロスさんのインタビュー

Interview: Director Mat Whitecross on the Paradise video
オフィシャルサイトに載っていたマットさんのインタビュー。日本オフィシャルに抄訳が掲載されてました。訳してくれて、ありがとうございます♪
読ませていただきました。ああ、マットさんがクリスに振り回されてる、と(笑)。ガイの象は、ちょっといいやつなんですね。ガイの1体だけ、雰囲気違いますよね。あんまり可愛くないけどw
マットさんの「あぁ、ちょうと君たちの映像を編集しているところだよ」の君たちの映像ってのが、気になります。その映像って何?いずれ私たち、見れる機会あるのかな?
2011-12-01-Thu-02:40

COLDPLAY◆Little Noise Sessions 11月24日

2011.11.24Little Noise Sessions 1
はぁ~。ジョニーが男前すぎて、ため息が出る。

コールドプレイ、演奏を中断してタンバリンを振っていたファンに「やめてほしい」と注意
ロンドンで行われた学習障害をサポートするチャリティ・イベントに出演したコールドプレイが、あるファンのタンバリンの伴奏に耐えられず演奏を中断する事態が起きた。

 英ザ・サン紙によると、コールドプレイが「The Scientist」を演奏していたところ、クリス・マーティンが歌を歌うのを突然やめ、ファンに声をかけた。「無礼な態度を取るつもりはないが、これはタンバリンを使うような曲じゃないんだ。正直言うと、この曲のレコーディング時にはタンバリンも試したけどボツになった。だからタンバリンなしで10年以上演奏をしてきた。合うかもしれないけど、僕はタンバリンなしに慣れてしまっている。悪く思わないでほしい」とステージからファンにやめてくれるよう呼びかけた。

 WENNによるとタンバリンを振っていたのは女性だったとのこと。「ここから君がどんな人かは見えないけど、とても素敵な人で、いい音を出していると思う。別にタンバリンが嫌いとかアンチ・タンバリンを訴えようとしているわけじゃない。タンバリンは僕のお気に入りの楽器のひとつだ」とクリスは彼女の気持ちを傷つけないよう、優しくタンバリンの伴奏をやめてくれとお願いしたあと、「次の曲はタンバリンにばっちりの曲だから、思いっきり盛り上がってくれ」と付け加えたという。
彼女を傷つけないように、タンバリンを振ることをやめてほしいとお願いし、それでいて彼女のタンバリンの音色を褒めつつ、タンバリンを嫌いじゃないことも伝え、最後は思う存分タンバリンを振ってくれって、どんだけ気遣いの人なのクリスさんは。
このタンバリンの記事、BARKSにも取り上げられてます。(あれ?日付が25日になってる?)
あ、ちなみにThe Scientistの後に演奏したタンバリンにばっちりの曲はETIAWでした(笑)。

The Scientist - Little Noise Sessions 24/11/2011
確かにタンバリンの音がしてるー。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。